変わったお経 ミリンダ王の問い ミリンダ王問経 をご紹介 坊さんのどうでもいい雑学

今回は私の好きなお経「ミリンダ王問経」をご紹介します。

これは古代インドでのギリシャ人であるメナンドロス一世とインド人であるナーガセーナ長老との問答での対決が描かれたお経です。ちょっと変わってますね。

 

f:id:yoshiyoshi10:20171109193447j:plain

※メナンドロス一世が描かれたコイン

 

インド哲学ギリシア哲学の対決

メナンドロス一世は紀元前の西北インドギリシャ人によって建てられたヘレニズム王朝の国王。

メナンドロス1世 - Wikipedia

 

かなり学問に自信のある王様だったようです。このメナンドロス王がインド仏教の長老であるネーガセーナと聴衆の前で問答しました。

ナーガは蛇または龍をあらわしセーナは軍隊。「龍の軍隊」という意味です。

この「ナーガセーナ」がタイの「エメラルド仏」を作ったと信じられているそうです。

 

「魂の有無」について

このお経のテーマが「魂の有無」。肉体とは別の魂などという実体の存在を主張するミリンダ王とそんなものを絶対に認めないのが、仏教。

2人の間に論争の火花が散る。

 

「王問うて曰く、

『尊者よ、何人でも、死後また生まれ変わりますか』

『ある者は生まれ変わりますが、ある者は生まれ変わりませぬ』

『それはどういう人ですか』

『罪障ある者は生まれ変わり、罪障なく清浄なる者は生まれ変わりませぬ』」

 

これが初等的ながら仏教の本質をみごとに要約しています。

「生まれ変わり」=輪廻転生するということは罪の証なのです。

 

仏教は死後、六道輪廻と言って6つの世界を生まれ変わり続けると考えます。これは元々インドにあった思想です。

皆さんは死後もまた新しい生があるというとホッとするかもしれません。しかしお釈迦様は「生」そのものを「苦」と考えるので仏教ではで生まれ変わりは嫌なものです。

6つの世界とは天・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄です。これを生まれ変わり続けることを「六道輪廻」と言います。

 

そしてこの生まれ変わりの世界を離れて静かな世界に入ることを「解脱」すると言います。どこかで聞いた言葉ですね(笑)。

 

なぜなら仮に善行を積んで「天界」に生まれ変わっても「神」にも寿命があり永遠ではないからです。一番短い寿命は800万年と言われていて人間からすれば長いですが。

この天上の神が寿命で衰えることを「天人五衰(てんにんごすい)」と言います。

天人五衰 - Wikipedia

 

この言葉は仏教にも詳しかった小説家の三島由紀夫の遺作「豊饒の海」の第4部のタイトルにもなっています。

豊饒の海 - Wikipedia

 

もちろん三島由紀夫も魂の生まれ変わりを否定しています。

 

悟りを開いて解脱をすることが仏教の元々の目的です。先祖供養や厄除けが仏教の目的ではありません。

 

さて解脱するにはどうしたら良いのでしょうか?

2人の対話は続きます。

 

「『尊者は生まれ変わりなさいますか』

『もし私が死するとき、私の心の中に、生に執着して死すれば、生まれ返りましょうが、然らざれば生まれ返りませぬ』

『善哉(なるほど)、尊者よ』」

 

ここからまた2人の問答が続きます。

テーマは「魂の存在を否定する以上罰を受けて輪廻転生する主体は何なのか」に移ります。

 

この輪廻の主体については以前にブログで書いています。「識」である「阿頼耶識」です。魂ではありません。「無意識」である「阿頼耶識」。

無意識ですから生まれ変わっても当然わかりませんね(笑)。

 

まとめ

みなさまお分かりでしょうか?このような議論は既に仏教では散々にされてきた議論です。ただ日本の仏教では重視されて来なかった。

 

当然ながらお釈迦様は解脱されているので生まれ変わりしない。どこかの新興宗教の教祖様になったりしない訳です。だから仏教を学んでいれば「インチキ」と分かる訳です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

2月16日から初めて銀座に泊まって来ました

今回珍しく土日に予定が無いということで銀座に友人に会いに行って来ました。

銀座だとホテルも分からないので有名なところでこちらに泊まって来ました。

f:id:yoshiyoshi10:20180219221715j:plain

 

コートヤードマリオット東京銀座ホテルです。

この時期春節のせいかとても高かったです。でも名前に「東武」って付いてるんですよね・・・。

地元の隣町に東武ホテルがあるのでよく泊まったことがありましたので。

フロントでチェックインするととても感じの良いスタッフでした。

「こちらのホテルは初めてですか?」と聞かれたので「マリオット自体初めてです」と答えました。

 

f:id:yoshiyoshi10:20180219222527j:plain

普通の部屋と思いましたが無意識にキングベッドを選んでいたみたいです笑

 

f:id:yoshiyoshi10:20180219222853j:plain

f:id:yoshiyoshi10:20180219222943j:plain

 

なんか調度品がデフォで曲がっていたのでテンション下がりました。ヒルトン東京で清掃の行き届いていない部屋に当たったばかりだったので・・・。

 

f:id:yoshiyoshi10:20180219223147j:plain

f:id:yoshiyoshi10:20180219223420j:plain

 

浴室を見ると東武ホテル感が凄いですね。エレベーターも古かった。

f:id:yoshiyoshi10:20180219223909j:plain

 

窓の外はこんな感じ。まあ期待してませんでしたから・・・。

 

程なく友人と食事のため外出。GINZASIXがとても近くでびっくりしました笑。

f:id:yoshiyoshi10:20180219224427j:plain

話題のホテルもありました。

 

f:id:yoshiyoshi10:20180219224735j:plain

 

今回急で予約も取れないということでこちらにお世話になりました。

 

f:id:yoshiyoshi10:20180219224942j:plain

f:id:yoshiyoshi10:20180219225026j:plain

f:id:yoshiyoshi10:20180219225511j:plain

f:id:yoshiyoshi10:20180219225645j:plain

今回友人が熱があるということであまり食べませんで物足りなかったです。

味は可もなく不可もなくといった感じ。

f:id:yoshiyoshi10:20180219230346j:plain

お相手はもちろん30代のおじ、お兄さんでしたw

 

f:id:yoshiyoshi10:20180219230622j:plain

 

解散が早かったので夜の銀座をお散歩。

 

f:id:yoshiyoshi10:20180219230742j:plain

 

お目当のお店に来ました。

 

f:id:yoshiyoshi10:20180304212617j:plain

 

今回2つ目のお目当、TUMI銀座店に来ました!!!

f:id:yoshiyoshi10:20180304212904j:plain

 

TUMIのキャリーオンのスーツケースです!(アイボリーゴールド)

f:id:yoshiyoshi10:20180304213521j:plain

 

良いですよね〜!重いけど(笑)。焼肉食べながら濃いめのハイボール飲んだら酔ってしまいついこちらを注文してしまいました・・・。残念ながら在庫が無いということで後日入荷したら代金を振込み確認次第発送となりました。

先日3月3日に実物が到着しました。5㎏あるのでとても重いです(笑)。まあでもRIMOWAは皆さん持っておられるので・・・。

 

f:id:yoshiyoshi10:20180304214041j:plain

 

少し店内を見せていただきました。デザインといい色といいとても気に入りTUMIのファンになってしまいました!

f:id:yoshiyoshi10:20180304214245j:plain

この鏡面仕上げのiPhoneケースがとても素敵でしたが残念ながらX仕様ということでサイズが合わず上の黒の革のケースにしました。7用です。あとは左の革のカードケースを購入しました。

f:id:yoshiyoshi10:20180304214747j:plain

 

こんな感じです。黒のカードケースはダンヒルの物をすでに持っていたので茶色にしました。店員さんにはナイロンの新作の物を勧められましたが、革の方が良いですよね。

左のスマホケースは周りがナイロンですが真ん中は革でとっても肌馴染みが良いです。しばらくスマホケースはして無かったのですがとても気に入ってます!重たいですけど(笑)

f:id:yoshiyoshi10:20180304215259j:plain

 

このあとは御上りさん全開でGINZASIXでお茶しました。

 

f:id:yoshiyoshi10:20180304215550j:plain

 

翌日はBiwakoさんに教えていただいたお店でランチしました。スープ・サラダ付きで税込1000円!!!コスパ最強!!柔らかいお肉で上品なお味でした。

 

その後新宿に移動して話題のプリンスホテルにチェクイン。

 

f:id:yoshiyoshi10:20180304215857j:plain

 

16時ごろ早めにお腹が空いてしまいトン活してました。

f:id:yoshiyoshi10:20180304220035j:plain

 

豪華に金箔付きです(笑)。新宿のにいむらです。

 

f:id:yoshiyoshi10:20180304220519j:plain

 

新宿ではスロットなどしてました。ホテルに帰ってオリンピックを観てましたがあまり集中できませんでした。夜中には気になっていたBARに行ってみました。牡蠣のアヒージョです。

翌日早起きしたので久しぶりに東京競馬場に行きました。

f:id:yoshiyoshi10:20180304221021j:plain

 

やっぱり中山競馬場より良い気がします(笑)。当日はフェブラリーS小島瑠璃子さんがプレゼンターで来ていました。

 

馬券は余り買いませんでしたがまあまあ当たってメインのレースは内田博幸騎手が好調だからと追加で買った単勝が的中!!

f:id:yoshiyoshi10:20180304221355j:plain

 

このレースでノンコノユメ内田博幸騎手のファンになりました!G1レースらしく見応えのあるレースでした。素晴らしかったです。

 

この後換金して新宿に戻りバーガーキングを買ってそのまま地元に帰りました。

 

まとめ

今回初めて競馬場でプラスで帰りました(笑)。

新宿でうなぎでも食べて帰ろうとしましたが時間もないのでバーガーキングをお持ち帰りしました。結果としては電車の連絡が上手く行かず、うなぎを食べれば良かったです。

そして今回の東京滞在はとても良い思い出になりました!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「か〜つ!!!」喝の由来について 坊さんのどうでもいい雑学

毎週日曜日朝に某番組で某野球解説者がやる「喝だ!」。

意外と有名なようです。この時間観るもの無いですからね・・・。

「喝を入れる」なんて言いますがその由来とは?

 

元々の由来は中国の唐の時代の臨済宗の開祖臨済禅師(臨済義玄 りんざいぎげん)が弟子を指導する時に「喝!」と怒鳴った故事から来ています。

 

臨済義玄 - Wikipedia

f:id:yoshiyoshi10:20180205184915j:plain

どうでしょうか?とても怖そうな顔をしています(笑)

 

この臨済禅師は「一日三千喝」と言われるほどに弟子に対して「喝」と怒鳴りました。弟子を褒める時も喝、駄目な時も喝。「喝!」をされた時は弟子が自分で意味を考えます。

 

禅語「喝」: 臨済・黄檗 禅の公式サイト

 

実はこれ臨済禅師のオリジナルでは無く、三代前の馬祖道一(ばそどういつ)がやはり弟子の百丈懐海(ひゃくじょうえかい)に対して「喝!」とやって百丈禅師は三日間耳が聞こえなくなった、というエピソードがあります。よほど大きな声だったのでしょう(笑)。

 

wol.nikkeibp.co.jp

 

こちらではこのように紹介されています。

 

現代では叱咤激励の意味で使われている言葉ですが、これも禅の世界でよく用いられてきた言葉です。禅における「喝」には4種類あるとされています。

(1)相手の迷いや執着を断ち切ってしまう、剣のような「喝!」
(2)相手の思い上がりを粉砕してしまう、ライオンの咆吼のような「喝!」
(3)相手の力量を測るために発する、探るような「喝!」
(4)上の3つを包括する、大きな「喝!」

元々大切なものは言葉では伝えられないと言うのが禅の立場ですので「喝」に大切な意味を込めているわけです。

 

また臨済禅師と同時代に徳山と言うお坊さんもいてこちらはとにかく弟子をひっぱたいたそうです(笑)

徳山宣鑑 - Wikipedia

 

質問に答えても30発殴り、答えなくても30発殴り、とめちゃくちゃですね(笑)

今ではちょっと考えられませんが当時はそれだけ教える側も教わる側も真剣だったかと思います。

 

禅語に親しむ

 

当時は皇帝による大規模な仏教への弾圧があり、それに負けじと皆必死だったと思われます。当時の人が必死で残してくれたから今があるわけで。

 

実はこれ、うちの宗派独特と思いますがお葬式で必ず「か〜つ!」と大声でやります。

ウトウトしていた会葬者はこれでかなりビックリするようです(笑)

(女性のお葬式の場合に「い〜つ!」と言う場合もあります)

 

個人の名前、享年、どういう人柄でどういう人だったのか等の紹介が終わって最後に「喝!!」とやります。これは「迷いを断ち切ってあの世に行けよ」という意味と聞いています。

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?張本氏がいつから「喝」をやり始めたかは定かではありません。ご自分が野球の指導者から教わったのでしょうか?

「喝」を聞いたら臨済禅師を思い出してくれると嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

アパホテル歌舞伎町タワーに泊まったら火事で避難した話

2018年 1月11日朝、歌舞伎町のアパホテルで火災があり避難しました。

 

朝9時前に突然室内に警告音が鳴り「火事です」の自動音声が流れました。

昨夜寝るのが遅かったのでベッドでうとうとしていましたがちょうど起きようとしていた時でした。

たまにある警報装置の誤作動かと思っていると「5階で火災が発生。鎮火したが念のために非常口階段から避難して下さい。」と非常に落ち着いた男性の声でアナウンスがありました。

「マジか」と寝ぼける頭で服を来て財布とスマホを持ち廊下へ出ました。

「煙ふせぐ〜んかタオルで口を抑えて下さい」とのアナウンスがありそのようにしました。

煙ふせぐ〜んとはアパホテルの客室のドアの裏に付けてあるビニールの袋です。

まさかと思いましたが念のために持ち出しました。

f:id:yoshiyoshi10:20180111161046j:plain

 

開けてみました。

 

f:id:yoshiyoshi10:20180111161125j:plain

 

実際被ってみると大きな袋で息苦しい感じもありませんでした。

 

さて廊下に出てみると24階ですが、焦げ臭い感じがあり「これやべえやつじゃん」と焦りました。

 

非常口のドアのロックを解除して階段で下まで。焦ってキーの閉じ込みをしてしまいました。

黙々と階段を降りていると清掃のお姉さんも出て来て一緒に階段を降りました。

 さすがに24階からだとなかなか着きません。

下に降りると誘導があり裏口からロビーの方に。

すでに警察・消防が来ていました。お疲れ様です。

f:id:yoshiyoshi10:20180111163112j:plain

 

玄関前の広場にはすでにスマホでホテルの写真を撮ってる人が何人もいました。時代ですね(笑)。

 

f:id:yoshiyoshi10:20180111163440j:plain

 

ロビー前で待機していると広場に移動して下さいと誘導がありました。

宿泊客が大勢いました。

 

f:id:yoshiyoshi10:20180111163654j:plain

 

浴衣のまま降りて来た人、松葉杖の人、車椅子の人、アジア人、色々いました。みなさん落ち着いていてびっくりしました。裸足の方もいました。スタッフが案内をしていますがメガホンの声が小さくよく分かりません。お客よりスタッフがパニクってる印象。

寒いので向かいのファミマ店内に避難されている方も多かったです。

 

f:id:yoshiyoshi10:20180111182942j:plain

 

20分後ぐらいには安全が確認できたということで皆さん部屋に戻られだいぶ行列も減りました。僕は鍵の閉じ込みをしてしまいフロントで鍵をもらうので最後の方まで待っていました。

 

途中浴衣でバスタオルを羽織っただけのカップルがエレベーターの列に列んだところいかつい白人さんが前に入れてあげていました。外国人はこういうのさらっとやりますよね。良かったと思います。

 

部屋に戻る時のエレベーターに乗ったら途中浴衣のおじさんが乗って来て何かと思ったら最上階の大浴場に行くようでした。凄い平常心だなと笑ってしまいました。

 

 

まとめ

無事にフロントでキーを受け取り部屋に戻ったのも1時間後くらいでした。

部屋に戻るとドッと疲れてしまいました。腰も痛い。

今回ホテルからは特に保証、サービスはありませんでした。

11時過ぎごろチェックアウトするとロビーで女性スタッフが2・3人で「申し訳ありませんでした」とお辞儀をしました。

今回の件で同じホテルはちょっと怖いですがアパホテルは場所が良いんですよね。池袋でも最近は良く使っています。

ただ今回も浴室に誰の物か分からない長い髪の毛が一本あり、清掃が悪いのは何とかして欲しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

私説 般若心経 解説 般若心経ってどんなことが書いてあるの? 坊さんのどうでもいい雑学

f:id:yoshiyoshi10:20171221161239j:plain

 

般若心経、おそらく皆さんも馴染みのあるお経と思います。

日本でも様々な宗派で広く読まれているお経です。

浄土真宗では読まないと聞きましたが)

以前紹介した三蔵法師玄奘三蔵 げんじょうさんぞう)の翻訳で知られています。

わずか262文字に仏教の奥義が込められています。

 

内容を見て行きましょう。

 

観音様と釈迦の弟子・舎利子(しゃりし シャーリプトラ)への対話形式

 

このお経の内容は日本でもおなじみの観音様がお釈迦様の弟子である舎利子に教えるという形式になっています。

 

「摩訶般若波羅密多心経」(まかはんにゃはらみたしんぎょう)

般若心経の正式名称です。摩訶とは偉大なという意味で般若は智慧。

偉大な真実の智慧の完成という意味です。あたまに「仏説」と付くこともあります。

 

「舎利子よ、私が偉大な智慧の完成のためにとことん行をした結果にたどり着いた真実について話そう。」

 

「一切の苦を取り除くために人間を構成する肉体・感覚・想像・心の作用・意識について考えてみたがそのどれにも《これが自分だ》というものは見つからなかった。」

「確固とした自分という《実体》はどこにも見つからなかったのである。」

 

「舎利子よ、世の中の形あるものには実体は無いのだ。」

「あらゆる物体には実体が無く、原因と条件によって成り立っているにすぎない。」

 

諸法空相(しょほうくうそう)

 

ここが難しいところなのですが、「諸法空相(しょほうくうそう)」と言ってお釈迦様の悟りの一つとされて「全ての物は色々な物の集まりにすぎない」というものです。

 

例えば「草庵」と言うものがあります。

わらやかやなどで屋根をふいた粗末な小屋のことです。

わらや柱や縄など簡単な材料の組み合わせで作られていて壊す時も簡単にバラバラになり、壊してしまえば何も無くなってしまいます。

 

f:id:yoshiyoshi10:20171221162535g:plain

 

こんな感じの物です。

 

また昔から「車」に例えられていますが

f:id:yoshiyoshi10:20171221162754j:plain

 

例えばこれは「リヤカー」で検索しましたが、車と思って下さい。昔ならこのような形のものを馬や牛や人が引いていたのもが多かったと思いますが

 

「車輪が車なのか」

「引っ張るところが車なのか」

「荷物を入れるところが車なのか」

「骨組みが車なのか」

どれも正解ではありません。

 

全てのものが調和してうまく機能して初めて「車」と言うものが出来ます。

これをバラバラにしてしまえばまた「車」は無くなります。

世の中の全ての物はこのような条件で成り立っており、人間も例外ではありません。

このような問答は古代インドで既に散々に議論されています。

つまり、人間にも「我(自我)」「魂」といった「物体」のような物は存在せず、

 

      「人間の心も常に様々な条件によって常に変化する」

 

と考えています。

 

このような状態を「空」と言います。

「空」とは「有であって有で無く、無であって無で無い」状態です。

 

「物体は空という性質があり、空はすなわち物体そのものである。」

「その空と言う性質は物体だけでなく精神作用にも当てはまる。」

 

「感覚・知覚・意思・認識といった精神の働きも必ず変化するという法則の中にある。」

 

唯識(ゆいしき)

 

私たちは「自分」というものが存在して肉体があって五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)で外界の物事の存在を知ります。これに「自覚できる意識」を加えて6識。

 

これに三蔵法師のところでも書きました「阿頼耶識(あらやしき)と末那識(まなしき)という2つの「無意識」を加えて8識とします。

 

 

f:id:yoshiyoshi10:20171221170045p:plain

Wikipediaよりお借りしました。

 

人間には無意識である「末那識」とさらにその奥にある「阿頼耶識」というものがあって「外界という世界は存在しない」と考えます。これを「唯識」と言います。

唯識は無著(アサンガ)という人が「弥勒菩薩」に教えてもらって世親(ヴァスバンドゥ)という弟が書物にまとめたとされています。

 

つまり全ての物体は「存在せず」、「心の中にだけ存在するものである」とします。

なぜなら「心のあり方によって外界も変化」するからです。

 

しかし阿頼耶識にも「実体」があるわけでは無く「瞬時に現れ、瞬時に滅する」と

考えられています。「恒に転ずること暴流する滝のごとし」と言われ物凄い勢いで常に変化していると考えます。

 

そしてこの阿頼耶識自体は善でも悪でもありません。 半ば汚染されていて半ば清らかと考えます。

しかし、6識に末那識を加えた7つの識は「外界の現象の出来事」を阿頼耶識に植え付ける。

7識が生きてる限りに活動の結果や、その認識対象が得た物全て「種子」として阿頼耶識に植え付けられます。これを衣に焚いたお香の香りが染み付く事に例えて「種子薫習(しゅうしくんじゅう)」と言います。

 

薫習 - Wikipedia

 

そしてこの阿頼耶識をみて「これが自分だ」と勘違いするものが「末那識」と言われています。阿頼耶識を見て「これぞ実体だ」と執着するものも末那識です。もちろん末那識も無意識です。

 

人間は第7識である末那識がある限り「我執」、「執着」が無くならないとされ、また「煩悩」も末那識がある限り消えません。煩悩を消すためには「無意識」である末那識を無くさなければ無理なのです。しかし人間にはそんな事はできません。

 

人間が寝ていても末那識は活動しているとされています。

 

つまり末那識は「自己」というものが存在しないのに阿頼耶識を見て錯覚するのです。

 

そして阿頼耶識は「刹那に生じ刹那に滅する」ものであり、実体は無いので「空」であるとなります。

 

したがって物質は「生まれるということもなく滅するということもなく、汚れることもなく清らかになることもなく、増えることもなく減ることもない。」

 

なぜなら元々実体など無いからである。

 

「眼や耳や鼻や舌や触覚、自意識それぞれの感じる物も普遍なものは無く空である。」

 

「私たちは感覚器官で感じ取ったものを世界と理解しているが感覚の世界は《実体は無い》のである。」

 

「世の中には暗いということも無く、暗いことが尽きるということも無い。」

 

老いということも無く、死ということも無い。」

 

「あらゆる物には実体が無いのであるから苦も無い。苦が無いのだから苦を滅する道も無い。」

 

「頭で理解しようとすることでは悟りを得ることもでき無い。」

 

「仏の道を極めようとするものは偉大な知恵の完成を目的とする故に心を曇らせることがありません。」

 

「曇りが無いから、恐怖も無く迷いや妄想からも遠く離れている。」

 

「究極の悟りの境地に至るために、過去・現在・未来の諸仏も真実の知恵の完成により悟りを得たのである。」

 

「故に真実の知恵の完成の言葉を知るべきです。《般若波羅蜜多》はこの上ない真実の言葉で比較することが出来ない真の教えです。」

 

「全ての苦悩を除くものであり、真実であって虚しくありません。」

 

「だから真実の知恵の完成である《般若波羅蜜多》を説きましょう。」

 

「行けるものよ、行けるものよ、仏の世界に行く者よ。仏の世界に共に行くものよ、悟りよ。幸いあれ。」

 

「ここに完全な知恵の心が完成する。」

 

ここで般若心経は終わりです。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?ただの翻訳は他にもあるので自分の勉強したものをぶつけて書いてみました。かなり詳しく書いたつもりです。

 

般若心経は仏教の「奥義」と言われるほど大切で難解とされています。

言葉で説明するのはなかなか難しいですが僕も文章を書きながら改めて考えがまとまって来た感じです。これも仏のお導きでしょうか?(笑)

 

般若心経は「空」について書かれたお経ですが人間に当てはめた時には「唯識」の説明が必要になると思います。「空」だけでも充分に難しいのですが(笑)。

 

この唯識の教えを学ぶのが以前にも書いた「法相宗」という三蔵法師の弟子の始めた宗派です。

 

阿頼耶識というのは「瞬時に生じ瞬時に滅する」ものでその繰り返しが時間の経過を表しているとされています。そしてその時間の経過が「輪廻そのもの」と考えます。

 

仏教は決して「我」や「魂」というものを認めません。

では一体何が罰を受けたり生まれ変わるのかその主体が「阿頼耶識」です。

なぜ生まれ変わるかというと「悟る」ためです。仏教の目的は悟ることであり、あらゆるものは「悟るために存在する」のです。

 

しかしこの阿頼耶識も「空」であり実体ではありません。

また阿頼耶識は「無意識」ですので生まれ変わっても記憶などはありません。

 

ちなみに仏教では「生まれ変わり」は良いことでは無く、「生」に執着があると生まれ変わるとされています。仏教では「生」は苦しいものです。

この執着を無くすと輪廻から解き放たれて「解脱」となり「涅槃」に入ります。これこそ安らぎと考えています。これが理想な状態なのです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

参考文献

はじめての唯識 多川俊映

日本人のための宗教原論 小室直樹

三島由紀夫天皇 小室直樹

暁の寺 三島由紀夫

ミリンダ王の問い 中村元 

 

 

 

フィリピン ニノイ・アキノ国際空港 CLUB MANILA をご紹介

9月に友人とJALでマニラに行って来ました。

復路かなり時間があり第一ターミナルの「CLUB MANILA」に入ってみました。

750ペソでした。

 

f:id:yoshiyoshi10:20171220215351j:plain

 

実はマニラには何度も行ってますが利用は初めて。

ターミナル1って何も無いんですよね。

f:id:yoshiyoshi10:20171220215650j:plain

 

利用しませんでしたがトイレの隣にシャワースペースがありました。

一つしかありませんでしたがとても空いていたので問題ないと思います。

 

f:id:yoshiyoshi10:20171220215910j:plain

 

友人がモテない僕の為に思い出にラウンジのスタッフとの写真を撮ってくれました。

スタッフは他に小柄な男性が一人だけ(フィリピンは小柄な人が多いです)

 

f:id:yoshiyoshi10:20171220220123j:plain

 

友人はサラダばかり食べていました。

 

f:id:yoshiyoshi10:20171220220219j:plain

 

僕はいまいちなサンドイッチ

 

f:id:yoshiyoshi10:20171220220313j:plain

 

ソフトドリンク

 

f:id:yoshiyoshi10:20171220220409j:plain

 

お酒。確かビールもあったと思います。

 

f:id:yoshiyoshi10:20171220220543j:plain

 

こんな感じでとても空いていました。

僕たちが入った時には日本人らしき男性が一人。

その後インド系と思しき大柄の男性とお金持ちそうな現地人らしき女性がいました。

 

f:id:yoshiyoshi10:20171220220753j:plain

 

f:id:yoshiyoshi10:20171220220907j:plain

 

ヌードルらしき物もありましたが暑いので食べませんでした。

 

f:id:yoshiyoshi10:20171220221020j:plain

定番?のナチョス。ディップがとても辛そうでスルー。

 

f:id:yoshiyoshi10:20171220221235j:plain

 

あ、ありました、ヌードル。チキンならどの宗教でも食べられますね。

 

f:id:yoshiyoshi10:20171220221420j:plain

 

多分カップヌードルです。

 

まとめ

治安が悪くて不人気のマニラ。日本のビジネスマンもチラホラ見ました。

このラウンジはまあ値段相応と言う感じです。

値段によってはマッサージなど色々サービスがあるようでした。

時間の制限もあったような・・・。覚えていません。

他にもいくつかラウンジがありました。

 

第一ターミナルは何も無いですからね。

今回往路でめまいが出てしまいずっと元気がありませんでした。

今も、多少ふらつきます。

健康で無いと何もできませんからね。

皆様も健康にはお気をつけて!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

名僧紹介 三蔵法師(玄奘三蔵)について 坊さんのどうでもいい雑学

皆さん突然ですが三蔵法師って知ってますよね!?

白馬に乗ってるあの人、

f:id:yoshiyoshi10:20171217233059j:plain

 

そう夏目雅子さんの姿でアラフォーには有名ですよね(笑)

 

この方のモデルは実在の人物で当時鎖国をしていた唐(中国)からインドへお経を求めて旅をされました。

 

玄奘三蔵 - Wikipedia

 

f:id:yoshiyoshi10:20171217234936j:plain

 

名前は玄奘(げんじょう)で三蔵法師と言うのは仏教の「経・律・論」の三つを修めた僧に与えられる称号です。ですから三蔵法師と言うのは他にもいます。

 

この玄奘が629年に陸路でインドに向かい645年に沢山のお経を持って唐に帰って来ました。その時の記録が「大唐西域記」として後の西遊記のモデルになりました。

 

とても優秀な方で有名な「般若心経」や「大般若経」と言う600巻もある長いお経の翻訳者として知られています。

 

この方が「法相宗(ほっそうしゅう)」という大変難しい学問的な仏教の開祖になっていてこの方の弟子の遣唐使の「道昭」という人物によって日本にもたらされて奈良時代に盛んになりました。現在観光地で人気のある「清水寺」は法相宗のお寺です。

 

法相宗 - Wikipedia

 

戦後、清水寺は「北法相宗」として独立しています。

 

法相宗の教えは非常に難しく、「唯識」という思想を伝えています。

難しいですが重要な教えです。

 

唯識 - Wikipedia

 

唯識とは人間は認識したもの以外のものは存在しないというもので「意識・無意識」について学ぶ学問的な思想です。「末那識・阿頼耶識(まなしき・あらやしき)」というのはここから来ています。

 

まとめ

うちの本堂にも三蔵法師の絵が飾ってあり、最近読んだ笑い飯哲夫さんの本にも三蔵法師が出て来ました。非常に重要な人物です。

 

今回玄奘三蔵をググったらゲームやアニメのキャラばっかりで驚きました(笑)。

 

毎年お正月には玄奘の翻訳した「大般若経」の転読をします。

あのお経の本をパラパラとやるやつです(笑)。長いお経なのでなかなか読めません。

 

f:id:yoshiyoshi10:20171218001728j:plain

 

おまじないや祈祷の時にやります。これでお経を「読んだ」ことになります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。